nero

  • nero vol.7 THE 1975
  • nero vol.7 Blood Orange
nero Art & Romance issue

issueのカヴァー&巻頭はオノヨーコとショーンレノンの最新の親子ツーショット写真
先月NY MILK studioにて、VOGUE、NUMEROなどで活躍中の気鋭フォトグラファー、グレッグカデルが撮影した。
ヨーコリイシュープロジェクトのプロデューサーでもある息子、ショーンレノンがヨーコ氏の幼少期からビートルズとの確執、芸術、音楽活動について1時間に渡って初めて語っている。

Wカヴァーを飾るのはフランク•オーシャンや宇多田ヒカルに抜擢された注目の日本人ラッパー、KOHH。
KOHHのLAでの撮りおろし写真と彼のファンとしても知られるReDEMOS奥田愛基氏のKOHH論。
カンヌ映画祭で話題になった『ザ•ダンサー』の主演女優であり、Gucciのデザイナー、アレクサンドロ•ミケーレのミューズモデル、シンガー、DJなどマルチに活躍するSOKOのインタビューと蜷川実花氏による撮りおろし

フリッパーズギター、YMO、METAFIVE、プラスティックオノバンドでの活動を経て 11年振りにソロアルバムを発表する、小山田圭吾氏 aka コーネリアス のロングインタビュー

ストロークスのアルバートハモンドJRプロデュースのデビューアルバムも好調、フジロックへの出演も決定したブライテストホープ、DYGLの30ページに及ぶ総特集

and more

6月9日
銀座蔦屋書店先行発売

6月10日
代官山蔦屋書店

タワーレコード渋谷店

6月13日
USAGI ONLINE

bonjour records代官山ほか、
6月20日全国書店販売

EVENT
銀座蔦屋書店にて
pop-upイベント開催予定

 「nero(ネロ)」は、童話『フランダースの犬』に登場する心の美しい少年の名前です。それと、同時に古代ローマの悪名高き皇帝の名前もあります。つまりneroは、善と悪、その両方のイメージを備えた名前です。かつてアンディ・ウォーホルは、キャンバスをいったん黒で塗りつぶして、その上に白を塗ってから絵を描いたといいます。それは、あたかも白色の「生」の下に黒い「死」がよこたわっている、そんな深淵なイメージをも抱かせます。生と死、陰と陽、善と悪、さらに言えばアートとポップ――そうした相反する要素が含まれた言葉に私たち人間の本来あるべき姿を見いだし、シンパシーを感じ、この冊子にneroと名づけました。
もうひとつ、neroは友人の飼っているロングコート・チワワの名前でもあります。チワワは小さく、一見非力に見えますが、その外見とは裏腹に、とても気が強く、負けずぎらいです。弱者のように見えて、そのなかに純な反骨と、折れない心を持つその姿は、社会的にはなんの力ももたないただの女の子/男の子にすぎない私たちに相応しいようにも思いました。
生きる力を失っている人、道に迷っている人、何か光を探している人、人生に退屈している人、生活に追われることに疲れている人……そんな人たちの心に、音楽やアート、本、ファッションなどの話題を通して、ほんの少しでも希望の光を照らすことが出来たら。そんな願いをこめて、この冊子を贈ります。

 nero is the name of the protagonist, the innocent and honest boy in the tale ‘Dog of Flanders.’It is also the name of the notorious Emperor from ancient Rome. nero is a name that carries an image that is both good and evil, and that is what fascinated me about this name. It is said that Andy Warhol smeared his canvas entirely with black, only to cover the entire canvas with white on top of that, and finally started painting on top of those layers. Having black as a base = to sense that death coexists as a denominator of the act of living, and I feel a great sympathy to the idea and life that sensitively acknowledge this fact. Life and Death, Positive and Negative, Good and Evil, or even Art and PopWe felt that this single word that contains all these countering elements, ultimately describes us as humans, and decided to name our magazine nero. nero also happens to be a name of the dog of my close friend, a long coat Chihuahua. Chihuahuas are small and seem powerless, but contrary to their appearance, they are very fierce and aggressive, and have a big bark. Although their demeanor may look weak, they possess a spirit of defiance and a strong will, and we thought this was also fitting for boys/girls like us, who may have little or no power in society. We’d like to dedicate this issue, to those who cannot find the strength to live, to those who feel lost and confused, to those who are searching for light, to those who are simply bored, and to those who are tired from their daily lives. If we are able to shine a glance of hope to those people through music, art, literature, or fashion - We would like to present this magazine with that hope in mind.